歯周病|杉並区荻窪でインプラントができる歯医者をお探しなら、高田歯科クリニックへご相談ください

歯周病とは?

歯周病とは、最近の感染によって起こる炎症性疾患です。
歯周病が進行すると、主に歯を支えている歯槽骨を溶け、歯がグラグラになり、抜歯しなくてはならなくなります。

比較的痛みが少なく、進行が遅いため、放置されがちで、歯科クリニックでレントゲンを撮ったときにはすでに骨吸収が進んでいる場合が多いです。

歯周病の進行

歯肉炎 軽度歯周炎 中度歯周炎 重度歯周炎
歯肉炎 軽度歯周炎 中度歯周炎 重度歯周炎
歯と歯肉の隙間にプラークが溜まり、歯茎が炎症を起こした状態。
この段階では、プラークを取り除くスケーリングを行ったり、正しい歯磨きの指導などを行います。
歯を支える骨が溶け始めて、少しづつ失われていく段階。
歯茎の腫れも悪化し、歯磨きで出血することが多くなります。やはり、プラークや歯石を除去する治療が中心となります。
歯を支える骨がさらに溶けてしまい、歯が指で押すとグラグラと動くようになります。歯茎から膿がでて、口臭にもつながります。
この段階に来ると、外科的な処置でプラークや歯石を除去する必要があります。
歯を支える顎の骨の3分の2が溶けてしまい、歯が抜け落ちてしまうこともあります。
歯茎の腫れや出血も深刻になります。やはり外科的な処置を行ったり、最悪の場合抜歯する必要になることもあります。

当院の歯周病治療

当院では、まず歯周ポケットを測定し、デジタルパノラマによる骨の状態の把握を行い、患者様に合った治療計画を提示します。
ハンドスケーラー、超音波スケーラーで歯石をとり、PMTC※でプラークを付着しにくくします。
※歯科衛生士による専用器具を用いた歯の清掃です。

専用器具 専用器具